福岡県筑紫野市原田の歯医者ならおだ歯科医院

歯周病について

歯周病とは、歯を支えている歯周組織を破壊していく病気です。日本人の8割の方がこの病気にかかっているといわれています。

状態がひどくなると歯を支えている顎の骨が溶けてなくなってしまう恐ろしい病気です。しかし、歯周病の初期は自覚症状がわかりにくく、歯ぐきの出血や腫れなどの炎症を起こして初めて気づくことがあります。

治療や予防を行わないと病状が進み、歯を支える骨が溶けてしまい歯肉(歯茎)が下がって、歯の根元(歯根)がむき出しになってしまい「食べ物や飲み物がしみる」「歯ぐきから血が出る」「歯がグラグラする」などの症状が出ます。

また、さらに進行してしまうと骨と歯茎が歯を支えられなくなり、歯が抜け落ちてしまう恐れもあります。

歯周病の進行状況

歯周病が引き起こすもの

歯周病が引き起こすものとして、「歯茎の炎症」「出血」「口臭」「歯が抜け落ちる」などがあります。

その他にも糖尿病や、脳梗塞、心筋梗塞、誤嚥性肺炎など様々な病気と深い関係があります。

 

歯周病治療

歯周病の治療は、プラークコントロールから始まります。

歯周病の主な原因はプラーク(歯垢)です。

十分な歯磨きができない場合、歯と歯茎の間にプラーク(歯垢)が溜まり、炎症などを引き起こし進行していきます。

そのため、毎日の正しい歯磨きが必要となります。

正しい歯磨きができないとまたプラーク(歯垢)が溜まってしまい、歯周病治療や虫歯治療の妨げになってしまいます。

治療内容は、歯と歯茎の間にある隙間(歯周ポケット)の検査を行い、進行具合を確認して、歯垢、歯石の除去を行います。

治療後は、定期的にメンテナンスを行い、歯周病の進行を防ぎます。

より長くご自分の歯を守るために定期的な歯周病治療、ケアを行いましょう。

 

 

口臭治療

当医院では、口臭治療を行っています。

虫歯や歯周病、口腔内の汚れなどからくる口臭の治療を行っています。

口腔内のケアや原因の治療を行い口臭の改善を行っていきます。