福岡県筑紫野市原田の歯医者ならおだ歯科医院

口腔外科

歯科口腔外科とは

親知らずの抜歯や、のう胞(化膿して膿が溜まって袋状になったもの)の摘出などの外科的な治療を行います。

歯科口腔外科の治療

親知らず抜歯や顎関節症や歯茎や顎の炎症、口腔内の粘膜のトラブルに対応します。
口の中が切れた、歯がグラグラする、歯が抜けた・折れたなどの外傷も含まれます。
また、口腔乾燥症やインプラント治療など一般歯科では対応できない様々な症状を治療することができます。

インプラント

インプラント
インプラントは、抜けてしまった歯を補う方法のひとつです。
外科的な手術を必要とする方法ですが、入れ歯やブリッジよりも残っている健康な歯への影響が少なく、しっかり噛む力が得られる方法です。

インプラントとは

  1. インプラント治療とは、これまでは入れ歯やブリッジでしか対応できなかった歯を失った部分に、天然歯の根の代わりをする人工歯根を入れて、再び噛む機能を回復させる治療のことです。
  2. 入れ歯では噛むことが難しかったものも噛めるようになります。
  3. 入れ歯のように取り外す必要がなくなり、人前でも口もとを気にせず、食事やおしゃべりが楽しく出来るようになります。
  4. インプラント治療は、お口の機能回復と自然な審美性を追求した治療法です。

インプラント治療の流れ

1.初診

インプラント治療に関する説明と相談

2.診査

病歴や健康状態に関する問診、お口の中の検査、レントゲン写真や歯型の採取

3.診断

お口の状態と治療方針の説明、治療計画の決定

4.手術

・外科手術によって顎の骨にインプラントを埋め込みます。
・3~6ヶ月後にインプラントに人工の歯を連結する為のパーツを取り付けます。

5.上部構造(人工の歯)を製作

技工士さんがあなただけの人工の歯をカスタムメイドで製作します。

6.上部構造(人工の歯)を装着、完成

人工の歯をインプラントに連結して完成となります。